--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-23(Tue)

ドア開けの技

我が家のニャンズは、「ドア」を開けることができます。

ただし、どんなドアでもというわけではなく、それぞれ得意分野があります。

大好き

アンナは、引き戸、しかも左から右へ引く扉を開けるのが得意です。
クローゼットや押入れは、閉めておいても、いつの間にか器用に開けて、中で寝てたりします。

爪で鼻が入れられるくらいの隙間を開け、後は鼻から顔をムリやり押し込みます。

なぜ右から左へは開けないのかわかりません。猫にも利き手があるんでしょうか?


まめたろうは、引き戸は開けられませんが、洋式のドア(我が家のドアは、回すドアノブではなく、押して下げるタイプ)を開けてしまいます。

はじめは、ドアをきちんと閉めていなかったのかと思っていたのですが、2~3回続いたので、偶然ではありませんでした。


そもそも、我が家はネコドアがないので、ネコの出入りのために、部屋のドアは開けっ放しです。

なぜ閉めるようになったかというと、夜中や早朝のニャンズの大運動会を防ぐために、夜の間だけ、ニャンズを別々の部屋に分けようかと試したのです。

まめたろうをリビングに、アンナは扉を閉めてリビングの外に。

ところが、リビングに一匹だけのまめたろう、しばらく騒いでいるなと思ったら、
「へへっ、僕来ちゃったよ~
といつの間にかベッドのそばに来たのです。

ドアが少し開いていました。

アンナは洋ドアは開けられないので、とてもビックリ。

以降、気をつけてみてみると、ぴょんぴょんジャンプして、手当たりしだいにノブに手をかけて下げています。ドアのロックがあいたら、後は鼻で押し開けます。

ドアを開けてしまうネコがTVなどに出ていたりしますが、よほど頭がいいのだと思っていました。

まめたろうは、まだ1歳にもなっていないのに、「天才」?(親ばか)

ドアなんか開けちゃうもんね

夜の大運動会ですが、夜だけリビングと台所へのドアを閉め、遮光カーテンで部屋を真っ暗にしたら、ニャンズが一緒でも、だいぶ静かになりました。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

猫ちぐら

Author:猫ちぐら
愛猫アンナと同居して10年
2008年 9月 2日「まめたろう」を迎えました
2009年11月29日「ビビ」を迎えました
2010年5月 クロスバイクに乗り始めました
2011年5月 ロードバイクに手を出しました

猫の下僕をしながら、主に荒川近辺を走っています


[まめたろう]
まめたろう
2008年7月7日生
小顔でナイーブな「お山の大将」

最近はお外でゴロンゴロンすることに執心中

好き:日向ぼっこ、シーバ
嫌い:ドアホンの音、地震
特技:ジャンプ、盗み食い


[ビビ]
ビビ
2009年5月29日生(推定)
運動神経バツグンの女の子
ゴハンの催促は忘れない

たぶん我が家で一番強いです

好き:遊ぶこと全般、なでられること
嫌い:病院
特技:押入れを開けること


[アンナ]
アンナ
甘えんぼの女王さま
享年10才 お星さまになりました

好きなもの: 虫、またたび
嫌いなもの: 病院、爪切り
特技:ねこタワーからのスパイク、おねだり

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
東北地震犬猫レスキュー.com
ブログランキング参加しました
いつでも里親募集中
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。