--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-28(Thu)

猫で知る寒さ

どんどん寒くなりますね。

サイクリングやウォーキング時の服装が、加速度的に冬仕様に変わってきています。

昨日サイクリング時にまた外へ出ようとした「まめたろう」、木枯らしに吹かれて、あっさり玄関の中へUターンしました。

そして今日は、朝からコタツに入り浸っています。

「ゴハン」といってもなかなか出てこないので、ニャンズにとっては、すごく寒いのでしょう。

今日あたり、布団類も冬物を出そうかと思います。

101028.png
「猫用ベッドもあったかいのにしてください。」
スポンサーサイト
2010-10-25(Mon)

当てにならない猫の手

昨日洗濯ものを取り込み、たたんでいたときのこと。

タオルをたたもうと、広げた途端、見慣れないものが目に飛び込んできました。

なんと、茶色の7cm弱程のバッタがくっついていたのです。
(動かないので、生死は不明!)


...慌ててバッタがいる面を内側にして、そのままタオルを4つ折にしました...


昔の小学生くらいの頃なら、バッタはおろか、セミだって、トンボだって、平~気で素手で捕まえていましたが、

今や「虫」と名がつくものは基本的に触れません。

(100歩譲って、ティッシュを何重にも重ねて、感触がわからないようにしてから掴むくらいならできるかも)

どう処分しようと思っていると、我が家には2匹も野生の(じゃないけど)ハンター、「猫」がいるではないですか。

おもちゃでも飛んで跳ねて大喜びで遊ぶんだから、バッタでも遊んでくれるでしょう。

猫と遊んで弱ったバッタならティッシュで包んで捨てられるかも、という安易な(残酷な)発想をし、まめたろうのところにタオルを持って行きました。


「まめ、まめ、バッタだよ」
とまめたろうの前でタオルを広げます。

しかしバッタがじっとしているからか(死んでいるからなのか)、目の前にバッタがいても、気がつかないまめたろう...

何かくれるつもりと思って、きょろきょろしているものの、バッタに目が行きません。

どうやら猫の眼って、動いているものしか反応しないようです。
(今までも、おもちゃのボールやネズミが目の前に出ているのに、気がつかないことがありました)

「ほら、まめ。ここだよ、ここ」

と恐る恐るバッタの近くで指をさすと、見慣れないバッタにやっと目が合い、ニオイを嗅いでいます。

と、ここで、バッタがぴょん!と跳ねました。

「うにゃにゃにゃ!」

びっくりしたまめたろう。

まめたろうの興奮した声を聞いて、ビビも来ました。

2匹でバッタを追いかけています。

何度か逃げられた後、小回りの利くビビがバッタを両手で押さえつけて捕まえました。

しかし、なんということか、ビビが手を離した隙に逃げられました。

バッタはあちこち跳ね回り、羽を広げて私のほうへ...

ぎゃ~、足にくっついた!」

慌てて足をブンブン振り回し、バッタがいないほうへ避難しました。

ニャンズは追いかけはするものの、遊び気分なので、なかなか捕まえるまでに至りません。


これじゃ、いつまでたっても埒が明かないと判断し、丸めた「新聞紙」を両手に持って、バッタに、

「バシッ!」

と投げつけます。

しかし、これにはバッタよりニャンズがびっくりし、2匹とも隠れてしまいました...

小さいバッタ相手に大の大人が新聞紙を持って、おっとり刀で狙いを付けます。

何度か狙いをはずした後、なんとかバッタは新聞紙の下へ。


新聞紙の下ではまだ生きているので、スーパーのレジ袋大を新聞紙の上にかぶせ、新聞紙をずらして、バッタをレジ袋に入れるのに成功しました。そのまま袋を結んでゴミ箱へ。

バッタ騒動は終わったものの、人間不信になったニャンズはしばらく出てきませんでした...


しかし、セミやトンボならいざしらず、バッタはそんなに高く飛んでくるものなのでしょうか?

我が家は中層階に位置しているので、ちょっとびっくりです。

(まさか、サイクリングのときに河川敷からくっついてきたのでは...とも思いましたが、それならもっと早く見つかるはずですし、外に干していた洗濯物につくからには、やっぱり外に飛んできたんですかねぇ)

101025a.png
「ビビです。遊ぶの大好きです。」

101025b.png
「おもちゃ、こっちにください」

101025c.png
「つかまえた!」

2010-10-24(Sun)

レスプロ バンディットスカーフとモンベル フィールドマスク

今荒川サイクリングロードは、「セイタカアワダチソウ」(ブタクサ?)で黄色く彩られています。

花粉症とは無関係という話もあるようですが、アレルギー性鼻炎の気がある私は、今の時期ちょっとサイクリングロードを走るのがつらいです。

以前普通のマスクを付けて走ってみましたが、サングラスが曇って走りにくく、マスク使用は断念しました。

そこでマスクに変わるものとして、
レスプロの「バンディットスカーフ」と
モンベルの「フィールドマスク」を
試してみることにしました。

101024e.png
レスプロ バンディットスカーフ

101024d.png
モンベル フィールドマスク

[価格]
価格は、圧倒的にバンディットスカーフ>フィールドマスクで、約2倍以上の値段です。


[見た目]
見た目は上の写真の通りです。

バンディットスカーフには、鼻を当てる部分にアルミ製(内側はネオプレーン製)のノーズクリップがついていて、鼻の形にフィットするようになっています。

フィールドマスクはウィックロン素材のメッシュの布地で、内側の鼻部分に樹脂製の材質がついていて、曲げて鼻にかかりやすくなっています。


[使用感]
バンディットスカーフは、ちょっと厚めの布地です。鼻から口ぐらいの部分が特に厚く、フィルターになっています。

バンダナのように後ろで結び、ヒモで隙間を調整します。材質の布地が厚めなので、きつ過ぎず、ゆるすぎない程度に結ぶのに、コツがいるかもしれません。あまり強くむすぶと、ノーズクリップが硬いので鼻が圧迫されます。

また、鼻から下をすっぽり覆ってしまうので、ドリンク類は外してからでないと難しいと思います。
後ろで結んだり外したりするので、フルフィンガーのグローブだと使いずらいです。

サングラスの曇りですが、下を向かなければ特に曇ることはありませんでした。

花粉に対する効き目ですが、完全に防ぐことはできないようですが、しない時よりは楽でした。


フィールドマスクは、内側にフィルターを付けて使用します。
(素人目には、ヒモを取っただけのマスクのように見えますが)

101024a.png

バンダナのように結ぶのは同じですが、布地自体に伸縮性があるため、きつく結ばなくても、ずり落ちることなく顔にフィットします。

結んだままアゴの下にマスクごと引き降ろすこともできので、ドリンク類を飲むときに外す手間はかかりません。

サングラスの曇りは、普通のマスク程ではないものの、多少曇ります。
ただマスクを鼻に当てる位置などを調整すると曇らないこともありました。

効き目ですが、万全とは言えませんが、けっこう楽でした。いつも鼻がおかしくなる場所でも平気でした。
ただ長い時間使用していると、多少鼻がぐずつくことはありました。

フィルターは汚れたら中性洗剤で洗って再利用できます。洗ってもシール部分の粘着力は特に変わらないようでした。


どちらの製品も使用してみて、完全に花粉の影響を防げるというのはないのですが、個人的にはフィールドマスクの方が、装着感が軽く、付けたり降ろしたりするのが楽にできるので、長時間自転車に乗るときは、こちらのほうがよいかと思いました。
2010-10-23(Sat)

今日は荒川サイクリングロード

「TOKYOセンチュリーライド葛西2011」の案内が来たので、後先も考えず申し込んでしまいました。

80kmくらいだと、3月までには行けるようになっているかな、といういい加減な予測ですが、果たして本当に行けるのでしょうか。

日ごろ荒川サイクリングロードを走ってはいても、せいぜい長くて60km程度なので、秋ヶ瀬公園~葛西臨海公園までの往復はまだやったことがありませんでした。

しかも、まだ左岸側の戸田橋~鹿浜橋区間はまだ走ったことがありません。

実は以前、右岸側から新荒川大橋を経由して左岸側へ戸田方面へ抜けようと行ってみたことがあったのですが、一般道からサイクリングロードへ戻る道がわからなかったことがあり、それ以来、戸田橋~川口区間の左岸は避けていたのです。

せっかくだから、一度右岸側で秋ヶ瀬公園へ行って、左岸側を川口方面へ走ってみようと思い立ちました。

秋ヶ瀬橋から彩湖へ出てから、「ベルギーワッフル」を食べてちょっと休憩です。

彩湖から戸田橋へ出て、今日は初めてその先へ。

そのまま戸田橋の交差点を渡って車道をまっすぐ行けるのかと思いきや、自転車はこっちへ行くよう看板が出ています。

一度左手のスロープを降りてまた土手沿いへ行くという、回り道に...

しかし、とりあえず土手の上に戻ることができました。

101024b.png
土手の下にはコスモスが一面に咲いていました

川口の左岸側は景色がよくてきれいでした。

101024c.png

どこまでこのまま行けるのかと思っていると、前を走っているママチャリのおじさんが自転車を持ち上げて、何かを越えているのが見えました。

そこが自転車道の終わりらしく、道路が塞がれていて、隙間を通らなければならないようになっています。

そこからは一般道です。とりあえず道なりに進んで、新荒川大橋方面へ出ます。

自転車専用の信号と横断道路がある大きな交差点(でもなぜか歩行者も一緒に渡っている!)を渡って、橋の方へ。

配送センター等があるせいか、大型トラックが多いです。

橋のたもとから左側へ抜けると、また土手沿いに戻ります。

一部未舗装区間があったものの、そのまま行くと都市農業公園へ出ることができました。

これで左岸の未知の部分がつながりました。

今日はニャンズのゴハン時間が遅くなりそうだったので、葛西臨海公園までは行かず、葛西橋を通って右岸へ戻りました。
2010-10-22(Fri)

ビビの場合

101022a.png

まめたろうをなでたり、のみとり櫛で漉いていると、

101022b.png

必ずビビが傍に寄ってきます。

ビビはなでられたり、櫛で漉かれるのが大~好き

101022c.png

自分もなでられたくて、まめたろうにくっついています。

自分から進んで「やって」と要求しない(いえ、できない)ところがビビらしいです。

2010-10-17(Sun)

今日は荒川サイクリングロード

昨日は公道を走って遠出をしたので、今日は普通にサイクリングロードを走ることにしました。

といっても、かなり前から今日は12000人が参加する「マラソン大会」があると看板が出ていたので、早めに出てから左岸側へ行くことにしました。

一度岩淵水門まで行ってから、鹿浜橋経由で左岸へ向かいます。

橋からサイクリングロードへ入ろうとすると、遠くになにやら色彩が見えます。


近づいてみると、コスモス畑でした。

101017b.png
都市農業公園の前で

101017a.png
遠くに川口の町が


コスモスは今が盛りなのか、今日は平井大橋の下流側でも、いっぱい咲いているのを見ました。


それ以外は、河川敷は「ブタクサ」で黄色く彩られています。

花粉が気にならなければ「きれい」なんですけど...

2010-10-16(Sat)

秋ヶ瀬公園~多摩湖

先週は東側へ行ったので、今週は西方面へ行くことにしました。

前回行った多摩湖自転車道、湖の周りを走らなかったので、今回チャレンジすることにします。

ただ多摩湖へ行くまでの公道の往復が...もっと車を気にしないでいく方法はないかと地図を見ると、荒川サイクリングロードの秋ヶ瀬橋から「志木街道」という道を通ると、多摩湖自転車道の八坂駅まで行けるようです。

前回と同じ道を行くのもつまらないので、今回は荒川サイクリングロード経由秋ヶ瀬橋経由で多摩湖へ行ってみることにしました。

101016a.png
秋ヶ瀬橋から

秋ヶ瀬橋から西走して、志木街道へ入って思ったことは、「う~ん、いかにも旧道。」

道幅が狭くて、追い越し禁止。

路肩の腺が一応、端にあるものの、狭くて無いのと変わらない感じです。

ただその割にはトラックがけっこう走っています。

しかも、「自転車と車の事故を目撃した方は、○○まで...」という看板が何箇所かあり、確かにこんなに狭い道じゃ事故があってもおかしくないよなぁと、気分が一気に下がってしまいそうなところでした。

道は「水道道路」に変わり、更に進むと2車線から車線なしの道になり、どんどん狭くなっていきます。

うっそうとしたひと気がない一本道にあるトンネルの前へ来たときには、本当にこの先行けるのかなと思うのですが、iphoneのmapの示す通りに進むと、確かに「八坂駅」へ到着することができました。

ここからは前回来た道なので、自転車道に入って多摩湖へ向かいます。


101016b.png
自転車道の途中の橋から見た湖

101016c.png
終点にある西武園遊園地


多摩湖の周りを走ったのですが、道なりに走っていると、あっという間に終点まで来てしまいました。

湖の周りですが、湖面が見られる箇所が少なく、森の周りを走っている感じです。

101016d.png
多摩湖。ちょっと暗めに撮れましたが、お昼どきです


帰りはiphoneのバッテリーが少ないこともあり、迷わないように「新青梅街道」をひたすら東へ走りました。

今日は車の多い公道を走っている時間が長いせいか、のどが痛い感じがします。

やっぱり車のないサイクリングロードを走るのが一番楽ですね。

目白通りへ抜けて不忍通りへ来たころには、さすがに足が疲れてきました。

しかも文京区のあたりは坂が続くので、けっこうきついです。(でもダイエットには効くかも)

最後には車道を走るママチャリにまで抜かれてました

2010-10-11(Mon)

江戸川CR~利根運河~柏市CR~手賀沼自転車道

連休の最終日、サイクリング日和になりました。

西か東か迷いましたが、今日は東へ、江戸川CR経由で手賀沼自転車道へ行ってみることにしました。

今日は(も)、横風が強いですが、江戸川CRから利根運河へ沿って行ってみることにします。

右側も左側も行けそうですが、右側の方は途中「運河水辺公園」があって、休憩によさそうです。

利根川に出ると、パラグライダーが空を舞っていました。

101011a.png

101011c.png

エンジン音がするので、ヘリでも飛んでいるのかと思ったら、パラグライダーにエンジンを積んで飛んでいるようです。

101011b.png

予定では、柏市CRをそのまま利根川に沿って「布佐」まで行くつもりでしたが、「新大利根橋有料道路」の先から砂利道になったので、急遽「新大利根橋有料道路」に沿って南下して手賀沼へ向かいました。

101011d.png
手賀大橋にて

手賀沼自転車道は、沼の南側なので、今回はショートカットして手賀大橋を渡って行くことにしました。

道は自転車用とランナー・歩行者用と分かれていて、利用しやすいようになっていました。

昔高校生の頃に、遠足に来たはずですが、ぜんぜん思い出せません。
ひたすらだだっ広い草原を歩いた覚えしかないです。

今度は直接来てみようと思います。
2010-10-09(Sat)

ほどほどに

せっかくの連休だというのに、今日明日雨とは残念です。
仕方ないので、最終日にサイクリングへ行けるように、今の内仕事をしておきます。

ニャンズたちは、雨なので退屈そうです。

101009a.png
ビビ:暇ですね

101009c.png
まめ:僕がお手入れしてあげるよ
ビビ:別にいいですよ

101009b.png
ビビ:ありがと、もういいです

101009d.png
ビビ:もういいって言ってるのに

101009e.png
ビビ:きぃ~(ネコキックびしばし)

何事も程々にね
2010-10-06(Wed)

花粉対策・羽虫対策

花粉対策でマスクをして河川敷を走ってみたところ、

サングラスが曇る(走り始めると少しマシにはなるけど、それでも見にくい)
マスクの上部が開いているので、自転車に乗る姿勢では花粉を防げない

ということが判明し、5km走っただけでマスク使用は断念しました。

あとは「メガネが曇らないマスク」というのを見たことがあるから、今度はそれを試してみましょうか。

webで見ると、「レスプロ」というメーカーのマスクがあって、花粉には良さそうです。

でも見た目、女がするにはどうかなとちょっと危ぶまれる感じなので、同じメーカーの「バンディットスカーフ」なるものを注文してみました。

試してみたら、またお知らせします。


実は花粉以外にも、最近悩まされているのが「羽虫」です。

時期なのか今週初めから、わんさか飛んでいるようです。

蚊柱状になっているところに自転車で突っ込んでしまうと、虫が顔に当たる感触が...

非常になんとも形容しがたい気分です。

おまけにウェアにもくっついてくるので、とっても気持ち悪いです。


そこで思い出したのが、前にオーストラリアに行ったときに買った「ハエよけネット」です。

エアーズロック付近のぶんぶん飛びまくっているハエをよけるために買いました。

捨ててはいないはずと探してみると、見つかりました。

101006a.png

頭にかぶってサングラスをしてみると...やっぱり視界が悪いですね。

ヘルメットかぶると、↓このような感じ。

101006b.png

見映えからして敬遠されそうな感じです。

なにより、ネットが風で顔に当たって呼吸しにくいかもしれないですね。

なにかよい花粉対策・羽虫対策がありましたら教えていただけるとうれしいです。

2010-10-05(Tue)

チャンス

気持ちよさそうに寝ているビビ

101005a.png

最近は、朝方、寝ている私の足を毛布の上からバシバシ攻撃するのがお気に入りです。

どうやら毛布の中でもぞもぞ動く足が、「獲物」が動いているように映るらしく、ツメを出して叩いてくれています。
(血が出るわけではないけど、ちょっと痛いです)

しかも利口というか賢明なことに、私が目を覚ました後は絶対にやりません。

そろそろ目が覚めかかっている、けどまだ起きられない朦朧とした状況の時を狙っています。

101005b.png
「ゴハンなかなかくれないからさ」
2010-10-03(Sun)

荒川サイクリングロード~彩湖

昨日は100km以上乗ったので、今日は控えめにしようと思い、いつもの荒川を走ることにしました。

一度河口まで行ってから、北上して彩湖を目指します。

今まで彩湖に行くのは、一度秋ヶ瀬公園まで行ってから橋の下をくぐって向かっていたのですが、今日は途中の橋から直接行ってみることにしました。

久しぶりに岩淵水門から北方面の右岸を走ったのですが、なんか「車止め」の脇が塞がれているような...

私は車止めにはぶつかる確率が高い(疲れてくると更に高くなる)ので、なるべく下車して通り抜けるようにしているのですが、中にはちょっと脇に入ると車止めを避けられる箇所もあり(だいたいタイヤの跡がついている)、便利に利用していたんですが。

仕方なく正攻法で降りて歩きました。

戸田橋あたりで左岸へ出ようと思っていましたが、うっかりして通り過ぎてしまいました。
笹目橋は通ったことないけど、行けるのかな?

渡れるとは思うけど、左岸のサイクリングロードへ出れるのか、試しに行ってみました。

土手の下に出ても、一般道へ降りても先へ行けることがわかり、ガードをくぐって左岸の先のサイクリングロードに出ました。

そのまま幸魂大橋方面へ行って、手前の坂を下ると彩湖の公園内に入ることができました。

101003c.png
彩湖

101003a.png
模型のヨットがたくさん浮かんでいました


持参したおにぎりを食べてちょっと休憩です。


今日は花粉対策に「クリスタルベール」なる塗る薬を使用したのですが、ちょっと効き目が今ひとつでした。

やっぱり「マスク」にするか、顔の下半分バンダナ等で覆うかするしかないですかね。

河川敷に青々と伸びている「ブタクサ」を目にして本気で対策を考えなければと思います。
2010-10-02(Sat)

八柱霊園~松戸関宿自転車道

日曜日は雨が降るかもしれないとのことだったので、親のお墓参りついでに江戸川CRの千葉側、「松戸関宿自転車道」を関宿道まで行ってみることにしました。

お墓には、今まで自転車で2回来たことはありますが、お花などかさばるものは持って行けませんでした。

しかし、今回は親の命日も近いので、霊園近くのお花を売っている所へ寄ってみると、見かねたおばさんが自転車でも持てるように持ち手のついた袋に花を入れてくれました。

お彼岸を外れたから空いているかと思いきや、けっこうお墓参りに来ている方がいます。

ヘルメットをかぶって、どう見ても「サイクリング」姿の女がお墓近辺をうろうろしていたので、さぞかし怪しい奴と思われたことでしょう。

お墓を後にして、一路松戸関宿自転車道を目指します。

江戸川CRの千葉県側なのですが、どこから入れるのか、地図からはよくわかりませんでした。

とりあえず新葛飾橋まで行ってみると、右側に自転車道のような道があったので、無事入ることができました。

今まで江戸川CRは東京側、しかも三郷までしか行ったことがなかったのですが、今回千葉側からは、土手から下の一般道までの距離が近く、割りと走りやすいと思いました。

それでも松戸を過ぎると、やっぱりひたすらサイクリングロードを走るようなコースになってしまいます。

iphoneのバッテリーも途中の流山付近で尽きてしまい、手持ちの地図のみでひたすら走りつづけます。
(おかげで今回写真はゼロです)

GPSがなくなって困るのは、現在地が正確にわからなくなることかもしれません。

特に江戸川CRは、荒川CRに比べると、橋の数が少なく、橋から橋への間隔が非常に長いので、えんえんと走らなけらばならない感じがします。

途中、もち米を蒸かしたような匂いがして、ここら辺が「野田市」かな、とか、これは野田線の線路かと、とりあえず目印はあるのですが、肝心の「関宿城」らしきものは、いっかな見えてきません。

あと30分走ったら帰ろう、とか思いつつ、でもゴールまであと10kmくらいだったら、せっかく来たのに悔しいからもうちょっとだけと、だらだら走り続けます。

お城なんか見えないし、見えるのは道路に飛び出してきたイナゴの類だけ...

あの橋まで行ったら帰ろうと思っていると、なにやら小さい天守閣の頭のようなものが遠方に見えてきました。

「あれかっ!」

とりあえずあそこまでと、疲れた足を必死に動かして、やっとお城まで辿りつきました。

やっぱり遠いです。

春日部よりも、東武動物公園よりも先に来ているんですから、考えれば当たり前なんですが。

帰りは夕方の西日の中を帰りました。

夕日ですが、逆光になると非常に視界が見にくく、もっと早い時間に戻るようにしたほうがいいと感じました。

自宅までは約2.5時間でした。

ルートラボによると、約110km。
帰り道は肩や首筋が凝ってつらかった。

今の私の状態では、4時間位のサイクリングが限度みたいです。
2010-10-01(Fri)

今日の荒川サイクリングロード

今週は、雨のおかげでほとんど自転車に乗れませんでしたが、今朝見たら体脂肪率が2.5%増えていました!

体重はむしろ微妙に減少しているものの...これは筋肉が脂肪になりつつあるということか

せっかく目標体重まであと3kgなのに、ここでリバウンドしては非常にまずい。

しかも来週もあんまり天気よくなさそうだし...ということで、路面は良くないだろうけど、汚れるのを覚悟で今日は午前中走ってきました。

101001a.png
岩淵水門にて
(自衛隊機かなんかが飛んでいましたが、写真ではゴミにしか見えません。)

101001b.png
今が盛りの彼岸花

101001c.png
よく見ると、河川敷にもけっこう咲いているんですね。


帰ってみると案の定、ドロがヘルメットの後ろまで跳ねてました。
プロフィール

猫ちぐら

Author:猫ちぐら
愛猫アンナと同居して10年
2008年 9月 2日「まめたろう」を迎えました
2009年11月29日「ビビ」を迎えました
2010年5月 クロスバイクに乗り始めました
2011年5月 ロードバイクに手を出しました

猫の下僕をしながら、主に荒川近辺を走っています


[まめたろう]
まめたろう
2008年7月7日生
小顔でナイーブな「お山の大将」

最近はお外でゴロンゴロンすることに執心中

好き:日向ぼっこ、シーバ
嫌い:ドアホンの音、地震
特技:ジャンプ、盗み食い


[ビビ]
ビビ
2009年5月29日生(推定)
運動神経バツグンの女の子
ゴハンの催促は忘れない

たぶん我が家で一番強いです

好き:遊ぶこと全般、なでられること
嫌い:病院
特技:押入れを開けること


[アンナ]
アンナ
甘えんぼの女王さま
享年10才 お星さまになりました

好きなもの: 虫、またたび
嫌いなもの: 病院、爪切り
特技:ねこタワーからのスパイク、おねだり

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
東北地震犬猫レスキュー.com
ブログランキング参加しました
いつでも里親募集中
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。